書き残し場

広く浅くを書き流すブログ。知識薄目。好みは洋酒全般にBlack全般・Rock。音楽紹介に行き詰まり、手に入れやすい入門向けラム酒・ウイスキーを軸に紹介・・・のはずが日本酒にも手を出し始める。一覧でリンク貼り付けてみました。

アルバータプレミアム ダークパッチ

本日は変わり種のカナディアンブレンデッド、

アルバータプレミアム ダークパッチを紹介します。

なぜ変わり種か?

このウイスキーには原料の1%ほどシェリー酒が入っているんです。

よくある「シェリー樽で寝かせた」ではなく「入っている」のが特徴なんです。

これにはカナディアンウイスキーの規則に秘密があり、

特定の熟成年数を満たしていれば、9.09%ほど違うウイスキーを入れてもいいという、

なんともユニークな規則となっています。残り8%はバーボンが入ってます。

そんなダークパッチは2000円中盤ほどで購入できます。

香りはライ特有のスパイシーさとアルコールのツンとする辛さの中に、

果実的な華やかさが入り混じっている。

口にすると酒質は少し重めで、華やかな果実の甘味がふわっと広がり、

甘味がライのスパイシーさに変化していく。アルコールの辛さより、

ライの切れ味の良い辛さが強め。アルコール感はそれほど。

甘味は入っているシェリーがオロロソなので、あまり強みはない。

 

面白くて飲みやすいウイスキーだと思います。

初心者向けではないかもしれませんが、ライウイスキーとオロロソ樽の

辛めのシェリーを一気に両方楽しめるような、

飲み口辺りはグレンロドナックから、

ライウイスキーのスパイス感が広がっているイメージです。

アルコールも45度ありますが、飲みにくさはほぼありません。

とてもリーズナブルなウイスキーではないでしょうか。

 

曲でいえば、タイトながら、甘くメロウなAmuzement Parkの

Groove Your Blues Awayでしょうか。


Amuzement Park - Groove Your Blues Away (1982)

 

好み度 ★★★☆

 

甘味★★☆

酸味★★★

辛味★★★★

まろやかさ★★★★

アルコール感★★☆

ドン・アグスティン クリスタルアネホ

本日紹介するのはテキーラになります。

こちら、ドン・アグスティンのクリスタルアネホ。

特殊製法でろ過した透明なアネホ{アネホほどの熟成になるとほんのり茶色が普通}

アメリカで今人気なんだそう。

こちら安いところだと4000弱で購入できます。

ドン・アグスティン クリスタル・アネホ [ テキーラ 750ml ]

香りはうっすらと接着剤のようなアルコールの香り。

アネホのような樽感はかなり少なめ。

口にすると滑らかで甘く香ばしいアガベが少しねっとりと広がる。

酒質自体はさらっとしているのに重めの甘味がくるのは

熟成されているならではなのだろうか。

甘すぎるというわけではなく、ほんのりとした甘味がまとわりつくイメージ。

芋焼酎の甘味に似ているかもしれない。

あまり雑味のないシンプルな重めの甘味がバターのようと評されている理由。

後味にアルコールの辛味がきりっとやってきて、さっと後味は早めに消えていく。

全体的にはアルコール感低め。

 

アネホとエキストラアネホが入っているだけあって、

飲みやすさは抜群ですし、飲みごたえもあります。

ただ、あまり特出すべき点はない気もしますが、

かといって不満もなく普通に飲みやすいこのクラスのテキーラ

4000円以下で購入できるとなると、コスパはかなり高めだと思われます。

パトロンなど好きな方はぜひ試してほしいですし、

アネホの入門としても最適だと思います。

 

懐かしいようで新しいAwesome City Clubの「8月とモラトリー」でしょうか。

秋の夜長にも合うと思います。


Awesome City Club - 「8月とモラトリー」Lyric Video

 

好み度 ★★★☆

 

甘味★★★

酸味★☆

辛味☆

まろやかさ★★★☆

アルコール感★★

グレングラッサ リバイバル

本日はこちら、グレングラッサ リバイバルになります。

こちらは数年前、操業停止していた蒸留所が再開し、

若い原酒から出回っています。

こちらは一番下のランクの4年ほどの熟成で、

オロロソシェリー{辛めのシェリー酒}樽を仕上げに使っています。

4000円程度で購入できるかと思います。

グレングラッサ リバイバル 46% 700ml

若干酸味を帯びたモルトの香り。

口に含むとねちっとして、重い酒質で、ふわっとした酸味の後に、

モルト、ナッツのような甘味がじわっと広がり、それもすぐ消えて、

スモーク感とシェリー樽特有の硫黄のような香りとほろ苦さがかなり長く続く。

オロロソ樽由来であろうきりっとしたしょっぱ辛味は結構強めで、

後味はグレンドロナックに似ている。

樽由来の辛さはあるが、アルコール感は46度を考えるとそれほど。

 

個人的に好きなウイスキーの一つです。

重い酒質でねっとりオイリーのウイスキーが好きなのですが、

お手頃価格だと、エドラダワー、終売になりましたがグレンギリー、

あとこのグレングラッサ リバイバルですね。

リバイバルだけではなく、エボルーション、トルファも早めに飲んでみたい所です。

 

このねちっとした重くてほろ苦くもほんのり甘い感じは岡村靖幸の「大好き」・・・


岡村靖幸 だいすき

いや、snoop dogg 「ain't no fun」ですね。


Snoop Dog - Ain't No Fun ft. Warren G and Corupt

 

好み度 ★★★★☆

 

甘味★★

酸味★★★

辛味★★★★

まろやかさ★★★★☆

アルコール感★★☆

 

フロール・デ・カーニャ 18年

今回はこちら、フロール・デ・カーニャ18年です。

こちらは中米ニカラグア産のラムで18年とそれなりに長い熟成年数のラムになってます。

大体4000円代中盤で購入できます。

フロール・デ・カーニャ 18年 センテナリオ (ニカラグア) 40度 700ml [並行輸入品]

酸味を帯びた甘いバニラの香り。

口にすると少々重たく、甘味はそれほどで、ほんの少し苦みがあり、

バニラ、ぶどうのような風味がじんわりと広がる。

後味も滑らかに複雑な味わいが長く楽しめる。

 

こちらもさすが18年といった感じでしょうか。

滑らかかつ重みがあり、アルコールの飲みにくさも少ないです。

ラムは飲んでみたいけど、甘いのは・・といった方にお勧めです。

 

むりやり曲で例えるならば、東北新幹線の「cloudy」でしょうか

ほんのり甘いですが、重めの大人なシティポップです。


takeshi yamamoto trio - cloudy

 

好み度 ★★★☆

 

甘味★★

酸味★★★

辛味☆

まろやかさ★★★★

アルコール感★☆

スペイバーン 10年

久しぶりの更新となりますが、

何事も無かったかのように紹介していきます。

今回はこちらスペイバーン10年、

スペイサイドのスコッチウイスキーになります。

大体3000円弱程で購入しました。

シングルモルト スペイバーン10年 [ ウイスキー イギリス 700ml ]

軽やかで甘めの口当たりの後、アルコール由来の辛さできりっと引き締まる。

甘味は若干ロイヤルロッホナガーのような果物の酸味に人工的のような甘味。

ただ、ロイヤルロッホナガーはみかんだが、こちらは酸味のある桃といった具合。

モルトの甘味も若干感じられ、華やかな甘味と辛味が口一杯に広がる。

軽やかでさらっとした酒質なのだが、甘味の後味はそれなりに長く広がる。

 

10年という事で、それなりに若い辛さはあるのですが、

軽やかで少々華やかさのある甘味で飲みやすく感じられます。

軽やかといっても、飲みごたえもちゃんとあるので、

モルト入門としても楽しめると思います。

 

曲で例えるなら爽やかで甘い声の杉山清貴のこの曲じゃないでしょうか。

想い出のサマードレス

想い出のサマードレス

  • provided courtesy of iTunes

 


想い出のサマードレス (1987年)/杉山清貴

 

好み度 ★★★☆

 

甘味★★★☆

酸味★★★

辛味★★

まろやかさ★★☆

アルコール感★★★☆

バルバンクール 15年

こちらの紹介がまだでした。

買おう買おうと思っているのですが、いつも後回しになっているバルバンクールです。

こちらはカリブ海に浮かぶイスパニョーラ島の西側、ハイチ産のラムで、

様々な年数がありますが、15年しか飲んだ事がないです。

大体4000円位で購入できます。

バルバンクール 15年 750ml 43度 [並行輸入品] ラム

黒糖の甘い香りに酸味、刺激臭が続く。

口にすると重めの酒質で、そこまで甘味はないが、コクと酸味を感じる。

コーヒーのような酸味、苦みが緩やかに余韻として続いていく。

アルコール感はそれなり。

 

フランス系の産地のはずなんですが、そんなにフランス感はありません。

どちらかというとスペイン系とイギリス系の中間のような感じがします。

有名どころで例えるならば、グレードアップしたハバナクラブ7年といった感じで、

この重いコクのある酒質が好きですね。

このラムが3000円台までで買えるコスパ最高候補のラムだと思っておりますが、

LAZYDODOという強力なライバルが現れました。

ただ、中級者向けと初心者向けという差別化はできそうです。

 

 

好み度 ★★★★

 

甘味★★☆

酸味★★★

 

辛味★★★

まろやかさ★★★★

アルコール感★★☆

スキッパー デメララ・ラム

 今回はスキッパーラムをご紹介。

こちらはデメララ(ガイアナの川沿い)で作られたラムです。

ガイアナはイギリス系の焦げ感が強いラムの産地で、

パンチが強いラムが多く、個人的には1.2を争う位好きな産地です。

そんなガイアナのスキッパーラムは3~4000円程。

日本流通が少なく、相場が上がっているそうです。

 黒糖の甘味がどしっと来るような重い香りに刺激臭。

口にすると、香り程甘味は広がらないが、下支えする旨味感と

焦げ味、酸味で満たされる。

辛味はそこまで強くないが、アルコールの刺激が直で来るような強さ。

キリっとした辛味で後味は満たされる。

アルコール感は総じて強め。

 

久しぶりにパンチのあるラムを飲みました。

飲みなれていくと、下が肥えてきてまろやかなラムに手を伸ばしがちですが、

たまにはこういうラムラムしたラムを飲みたいと思ったりします。

ただ、初心者の方にはお勧めは全くできません。

同じガイアナのエルドラドをお勧めいたします。

味的にはすべての要素を強めたレモンハートデメララといった感じでしょうか。

 

 

好み度 ★★★☆

 

甘味★★☆

酸味★★★

辛味★★★☆

まろやかさ★★★

アルコール感★★★★☆