書き残し場

広く浅くを書き流すブログ。知識薄目。好みは洋酒全般にBlack全般・Rock。音楽紹介に行き詰まり、手に入れやすい入門向けラム酒・ウイスキーを軸に紹介・・・のはずが日本酒にも手を出し始める。一覧でリンク貼り付けてみました。

シーバスリーガル ミズナラ

気になっていたのでハーフサイズのこちらを買ってみました。

こちらシーバスリーガルのミズナラ樽で作られた日本限定品です。

350mlを都内酒屋で1800円程度で購入してます。

シーバスリーガル ミズナラ12年 ハーフ 350ml

甘い蜂蜜、ナッツ、カラメルのような少し香ばしさに酸味が混じった香り。

口当たりは冷たくさらさらとして、甘味の強めに主張してくる。

キャラメルのようで栗っぽさもある甘味の後すぐに酸味がふわっと出現。

余韻に甘味酸味はすぐ消え、最後は辛味に変わって口の中を熱くする。

想定以上には辛味があるが、アルコール感はあまりない。

 

口あたりの冷たさなどがサントリースペシャリザーブに似ていたので、

そんな感じなのかなと思ったら、全然別の系統の味でした。

どちらかと言ったらノーマルよりストラスアイラ感が出ているような味です。

私はノーマルの方が好みかもしれません。

 

 

好み度 ★★★

 

甘味★★★★☆

酸味★★

辛味★★★

まろやかさ★★

アルコール感★★

 

ストラスアイラ 12年

まだ紹介していない購入したウイスキーがありました。

それがこちら、ストラスアイラ12年です。

去年お店にて緑色の旧瓶を飲ませてもらって、

新瓶を購入しました。

アマゾンにて3000円中盤で購入しています。

ストラスアイラ 12年 700ml シングルモルトスコッチウイスキー ギフト箱入り スコットランド

香りは甘いリンゴやミカンのよう。ロイヤルロッホナガーに似ている。

口にするとさらりと冷たい甘味とアルコール由来の辛味が同時にやってくる。

ロッホナガーほど人工的な甘味は無く、紅茶感もないが、エッジの効いた辛味が特徴。

辛味が口を覆った後、仄かにピート感、バーボンの風味、モルトの甘味がふわっと。

 

飲みやすいスペイサイドの中でも結構辛い方ではないかと。

華やかかつ辛味が引き締まるウイスキーです。

こちら旧瓶を飲んだ時は

「なんて華やかで穏やかモルトの甘味がするウイスキーなんだ」

なんて思ったんですが、辛味にびっくりしました。

ですが、こちら開けて1~2か月経つと、

大分辛味が抑えられて飲みやすくなるんですよ。

ただ、辛味が収まるのと同時にモルトの甘味も減っている感じがあるので、

そこは好みです。

・・・思い出補正かもしれませんが旧瓶の方が美味しかったですね。

 

好み度 ★★★☆

 

甘味★★★★

酸味★★

辛味★★★★

まろやかさ★☆

アルコール感★★★★

 

姿 BlackImpact

またまた日本酒になってしまいます。

飽きてまた洋酒に戻るので少々お待ちください。

こちらは以前紹介した姿のバージョン違いとなります。

酒屋のポップと評判に惹かれて購入しました。

こちらはお馴染み山田錦とひとごこちという米を掛け合わせているらしいのですが、

今現在私は掛け合わせの仕組みや方法など無知で、

ウイスキーのブレンデットなのかなという思い込みしかありません。

どちらとも55%まで削っていて、アルコール度数は17.2度となっております。

こちらは都内酒屋で4合瓶を1400円弱にて購入しています。

姿 純米吟醸生原酒 Black Impact ブラックインパクト 720ml

第一印象がイチゴの様な香り。凛とした甘味と爽やかな酸味。

口にすると、すっきりしているが、旨味が凄い。

この旨味をうまく表現できないのが未だ勉強不足で申し訳ないが、

下に残る麹の風味がほぼ無く、余韻も甘味旨味の満足感で満たされる。

麹感は無いが、、米の甘味が舌にまとわりつくイメージで、

じんわりと立ってくる。

アルコール感はほぼない。

 

いやー・・・これまた美味しいです。

姿どちらもとても美味しかったですし、晴れすがたは一瞬で無くなってしまいました。

普通の姿や、後ろ姿など有名な物も飲んでみたくなります。

最初の川中島幻舞以来★5を付けていませんが、あれが衝撃だっただけで、

4.5の日本酒を最初に飲んでいたら、5だったかもしれません。

ですが、やはりあの艶のある甘味は僅差で私の好みなのだと思います。

それでも、こちらも凄くフルーティで美味しい日本酒です。

 

好み度★★★★☆

 

甘味★★★★

酸味★☆

辛味☆

まろやかさ★☆

アルコール感☆

川中島幻舞 特別純米 山田錦

こちらは以前紹介した川中島幻舞の山田錦版といった所でしょうか。

同じ無濾過生原酒との張り紙もあります。

こちらは59%まで削っています。

都内酒屋で四合瓶を1400円位で購入。美山錦のよりは若干お安くなってます。

長野地酒 川中島 幻舞 純米 山田錦無濾過生原酒中取り 720ml

甘味と酸味のバランスがとれている香り。

口にするとふわっと爽やかで甘味が押し寄せる。

ほんの少し発砲感があり、爽やかさを引き立てる。

甘味は川中島幻舞でお馴染みのパインのような熟した甘味。

発砲感がある事によってみかんのような風味も。

酸味も飲み進めるにつれ主張して切れ味がある。

アルコール感はほぼ無い。

 

この発砲感と甘味の調和しているのがとても美味しいです。

甲乙つけがたいですが、私の好みは美山錦の方でしょうか。

比べるとすれば、美山錦の方は艶がある甘味ですが、

こちらの山田錦は比べると甘めが抑えめで、軽めの爽やかさが強い気がします。

59%の分若干こちらの方が米の甘味の強さと重みを感じるかなといった所です。

 

 

好み度★★★★☆

 

甘味★★★★☆

酸味★★☆

辛味☆

まろやかさ★★★

アルコール感☆

姿 晴れすがた

欲しかった川中島幻舞の一升瓶が入荷待ちになってしまっていたので、

日本酒を三種程買ってしまいました・・・

最初にこちら、栃木の姿という銘柄から晴れすがたを紹介します。

こちらは彗星という北海道の米を55%まで削った物です。

こちらのお酒はポップであるとかミンティであるとか、

日本酒のイメージに似つかない評が多くあったのでとても気になっていました。

こちらも川中島幻舞と同じ酒屋で4合瓶を1400円程度で購入しています。

香りは控えめで爽やかな甘味。すもものような酸味感も

口にするととてもとろみがあり、滑らか。

厚みのある甘味が比較的強めに出てきて、爽やかな控えめの酸味が付属。

多分これがミンティと言われる所以ではないかと。

甘味は強めだが決して主張が強い訳ではない優しい甘味でとろみがあるからか、

餅のような甘味がする。麹感はほぼない。

切れ味はとても良く甘味酸味もさーっと引いていく。

引いた後、じんと熱くなり嫌じゃないアルコール感を感じて、

ひんやりとろりとした後のギャップが凄い。とろみがあるからこそかもしれない。

常温に近づくにつれ、甘味の主張が強くなる。

 

いや、これまた凄く美味しいです。

甘味が嫌いな方も受け入れてもらえるんじゃないかと思う位爽やかで、

ふわっとしたお酒ですね。

ですが、アルコール度数も17.8度と結構高めですので、

飲みすぎるとすぐ酔ってしまいます。

春限定のお酒らしいので、一升瓶を買って取っておくか悩んでます・・・

 

好み度 ★★★★☆

 

甘味★★★★☆

酸味★☆

辛味☆

まろやかさ★★★★☆

アルコール感★☆

紀土 純米大吟醸

買った日本酒もう一つを紹介します。

この紀土は和歌山の日本酒で、山田錦という品種を50%まで削ってます。

こちらも都内酒屋で3240円で購入してます。

紀土 純米大吟醸 720ml

(画像では48と書いていますが今は50%の物が売られてます)

爽やかな柑橘系の酸味と米の甘味がする香り。

口にすると甘いが、甘さは持続せずすぐなくなり、

やさしい酢や白ワインの渋さに似たような酸味が舌に感じる。

後味にも酸味が残り、ほんのりと麹の香りが口の中に広がる。

アルコール感はほんの少し。

 

とても美味しいんですけれど、前紹介した川中島幻舞が美味しすぎて、

若干辛口になってしまってます。

川中島幻舞は甘すぎるという友人の評価も頂いたので、紀土は

甘味が抑えめで飲みやすい日本酒が飲みたいという方には最適かもしれません。

飲みやすい白ワインに傾向が似ている気がします。

ワインは苦手で、あまり飲んだ事が無いのですが、

甘い白ワインといった所でしょうか。

 

好み度 ★★★☆

 

甘味★★★

酸味★★★☆

辛味☆

まろやかさ★★

アルコール感★

ハイランドパーク12年

持っている洋酒でまだ紹介していないのがありました。

紹介していないのは理由があるんですけど・・・。

こちらハイランドパーク12年です。

オークニー諸島で作られているウイスキーで、アイランズと言われています。

このウイスキーは評判が良く、著名なウイスキー評論家が満点近くを出したり、

様々なブログでも評価が高かったり、バーでも良く勧められます。

まぁ味は後々。こちらは都内河内屋で3000円弱で購入しています。

ハイランドパーク 12年 700ml 40度 [並行輸入品]

甘い蜂蜜の香り。この香りでよく言われているのがヘザーハニーの匂い。

蜂蜜の中にミントの雰囲気を感じます。

口にすると甘さと煙たさが充満する感じ。甘味は蜂蜜よりのモルト風味。

後から辛味と酸味がやってきて、甘味の後に辛味に覆いつくされピート感で充満する。

アルコール感はほどほど。

 

甘味が強めに出て、辛味酸味もあり、ピート感も楽しめる。

飲みやすくバランスの良いウイスキーなんです。良く言われますし、私も分かります。

ただ・・・私にとってはこのピート感が煙草の煙の味に感じてしまうんですよね。

ニコチンなのかタールなのかはわかりませんが、あの嫌な感じがしてしまいます。

ピート感は嫌いではないですし、アイラのウイスキーも美味しく頂いてるんですが、

このハイランドパークのピート感だけはあまり好きになれません。

とても良いウイスキーだとは思うんですけど・・・好きになれず残念です。

 

 

好み度 ★★☆

 

甘味★★★☆

酸味★★

辛味★★★

まろやかさ★★★☆

アルコール感★★★