読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き残し場

広く浅くを書き流すブログ。知識薄目。好みは洋酒全般にBlack全般・Rock。音楽紹介に行き詰まり、手に入れやすい入門向けラム酒・ウイスキーを軸に紹介・・・のはずが日本酒にも手を出し始める。一覧でリンク貼り付けてみました。

ジェムソン&ジェムソンセレクトリザーブ

単純に今私が好きなので取り上げたいんだけど、

一応主題はラムなので、まとめて2本いってしまおう。

アイリッシュ美味しいです。

 

で、最初にジェムソン。

都内の河内屋にて税込1700円弱で購入。

良く淡麗さと風味が青りんごだとか様々な所に書いてあるんだけど、

私はなぜか甘みと渋みが抹茶の風味がする。

アルコール感もそんなに無く穏やかな渋みと甘みがふわっと消える感じ。

ウイスキーにしては軽めの味だけど、

スムースさとアルコール感の薄さも相まって、

この感じがいつまでも飲んでいられるような心地よさがある。

値段の手頃さもあって普段飲みの良さには一二を争うお酒。

グレンフィディックを薄めた?というよりもっと穏やかにした感じ。

 

 

続いてジェムソンセレクトリザーブ。

amazonにて税込3000円強で購入。多分もっと安く買えます。

こちらは数年前に終売したジェムソン12年の後継品らしく、

今年から飲み始めた私は12年の方を当然の如く飲んでいないので違いは不明。

匂いは若干シェリーの華やかな匂いが+されてよりウイスキーしてる匂い。

口当たりはまろやかになって、まろやかな甘みの後にスパイシーさが微量にきて

きりっと引き締める感じ。アルコール感も無印に比べもっと減る。

スパイシーはそこまで余韻が長くなく、まろやかさの方の余韻が続く。

こちらはぐっとグレンフィディックに近くなって、まろやかさが若干上回る感じ。

 

どちらとも私的には好み。

さくっと飲みたい時は無印飲んで、それ以外はセレクト飲むみたいな使い分け。

・・・正直最初にはまっていたカナディアンは、

カナディアンクラブ12年とクラウンローヤルが誤差位の違いしかなかったので、

同じ銘柄を買うのに躊躇していたのだが、それは杞憂だった。

 

いや、カナディアン飲みやすいんですよ?

ただ飽き性人間にとってあのグレーンの甘みは

似たり寄ったりな感じがしてしまって・・・

 

・・・いずれカナディアンもまとめてレビューします。