読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き残し場

広く浅くを書き流すブログ。知識薄目。好みは洋酒全般にBlack全般・Rock。音楽紹介に行き詰まり、手に入れやすい入門向けラム酒・ウイスキーを軸に紹介・・・のはずが日本酒にも手を出し始める。一覧でリンク貼り付けてみました。

アベラワー12年 ノンチルフィルタード

先々週位に買ってきたもう一本の紹介です。

少々特殊で、正直この銘柄を最初に飲むのであれば、かなり邪道ではあると自分自身でも思います。ただ、本能の赴くまま買ってしまってますので・・・

こちらはノンチルという特殊な加工をしています、というより加工をしていないというのが正しいのかもしれません。私が理解している物を単純に書くと、通常のウイスキーは冷やすと白濁する成分が出るのですが、そちらを取り除いてしまう工程を冷却濾過と言います。ノンチルはただ単にそれをしていないだけです。これをしない事によってダイレクトに野性味のある味になる・・・らしいです。

 

アベラワーを飲んだ事のない私が事前に知っている知識だと、こちらはスペイサイドの典型的な銘柄で、あの有名なマッカランと対を成す程甘く、華やかで飲みやすい銘柄である事。

スタンダード品としては10年からあるが、最近会社の再編?か何かがあったらしく、日本の正規代理店も変わって10年、12年、15年にダブルカスクやセレクトカスクリザーブなど多様な種類があるという事位です。

 

私がこの銘柄を最初に見知ったのは、某サイトにて甘いウイスキーNo.1に置かれていたのを見た時です。それはアベラワー・アブーナというアベラワーの一つのだったのですが、ウイスキーの知識が全く無い所か、飲んだ事すら無かった私はそれが一つのウイスキーの種類と思い込んでいました。そしてバーに赴いて「~~は置いてますか?」と聞いて赤っ恥を搔くのですが、それは置いておいて・・・

それまでのウイスキーは飲みにくい物というイメージしか無かったのが、甘さという面に惹かれて凄く興味を持ったのを覚えてます・・と言っても1~2年前ですが。

 

そんなこんなあって、私が初めて飲みたいと思ったウイスキーアベラワーだったのです。少し思い入れがあるので前置きが長くなってしまいました。

 

まぁこちらを買った理由が、アベラワーを買おうと思ったら大幅に値下げしてあって、通販と比べてもお得感があったからなんですけど・・・お恥ずかしい限りです。

都内酒屋にて4000円中盤で購入。

・・・このウイスキー封が蝋で固めてあって開けるのが面倒でした。

アベラワー 12年 アンチルフィルタード 700ml [並行輸入品]

若干強めの刺激臭に若干強めの硫黄の匂い。

口にするとかなり粘着感のある酒質で、最初にシェリー系の甘い味の後で、

モルトの甘みが下支えしている感じ。

そして甘みと同時に辛味がやってきて数秒もしないうちに、

口の中が辛味とスモーキー感で充満される。粘着感があるからか、余韻はかなり長い。

粉感のある甘みはエドラダワーに似てるかも。

若干後味付近に何かのえぐみのようなものもあります。何かはわかりませんが・・

48度あるんですが、度数程はアルコール感を感じない。

かといってすいすい飲めるタイプでもない。

 

 

何かエドラダワー余市を足してまた何かを加えたような・・・

パンチのある味は余市のようなのですが、このまったりする感じはエドラダワーのようで

その二つとも別物なんです。分かりにくくてすみません。

ラムやコニャックのようと評判のある物とはかけ離れた、骨太なウイスキーです。

野性的でありながら垣間見える育ちの良さといった所でしょうか。

アベラワー本流とは違いますが、この味を楽しみたいと思います。

 

 

好み度 ★★★★

 

甘味★★★★

酸味★★★

辛味★★★★

まろやかさ★★★★☆~★

アルコール感★★★

 

備考・・・スモーキー感中程度あり。硫黄感もあり。

 

 

次回からはまたあっさりとした紹介に戻ります。