読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き残し場

広く浅くを書き流すブログ。知識薄目。好みは洋酒全般にBlack全般・Rock。音楽紹介に行き詰まり、手に入れやすい入門向けラム酒・ウイスキーを軸に紹介。一覧でリンク貼り付けてみました。

ヴーベル 10年

ラム酒

今回は若干の変わり種、レユニオン島のヴーベルを紹介します。

この島はアフリカ南東部、マダガスカル島にほど近い島で、

フランスの海外県となっています。

ラムって色々産地があってもカリブ海沿岸ってイメージがありますけど、

カリブ海以外でもサトウキビが取れる所だとどこでも作れるんですよね。

ヴーベルを飲む前はレユニオンで作られてる事はびっくりしたんですけど、

こちらの島出身のサッカー選手を知っていたので、島自体は知っていました。

フランス系という事でコニャックに近いラムとなるのか・・・

大体6~7000円で売られてます。度数も49度と高めです。

ヴーベル 10年 49度 700ml 並行輸入品

黒糖の香りの中にぶどうのような酸味を感じる匂い。

口にすると黒糖感が少なめの甘みがあって、全体が辛めでドライ。

ずっしりと熟成感のある重めの味だが、癖が強い訳ではなく、

ふくよかで飲みやすい。

柔らかく、芯の強い黒糖系の旨味が余韻としてじんわりと残る。

全体的にすっきりとしているが、アルコール感は多少ある。

 

香り程酸味はありませんが、ラムの中では辛口の部類に入る味です。

根源はフランス系の系統の味なのですが、華やかというより重めです。

カリブ海のフランス系本流とは違う流派のような物ととらえて頂ければ。

 

個人的に甘くないのは好みではないと思っていたのですが、

美味しくいただけました。先入観だったのかも。

逆に甘いのがNGの方は駄目なものは駄目なのかもしれませんが・・・

価格は・・・うーん、フランス系で10年となるとこれ位になるんですよね。

 

 

好み度 ★★★★

 

甘味★★

酸味★★☆

辛味★★★★

まろやかさ★★★

アルコール感★★★

 

余談・・・この重みの理由は熟成期間のせいだと思います。

フランス系ラムは他に比べ比較的熟成年数が若い事が多く、

寝かせる事で重みが強くなるのではないかと。