読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き残し場

広く浅くを書き流すブログ。知識薄目。好みは洋酒全般にBlack全般・Rock。音楽紹介に行き詰まり、手に入れやすい入門向けラム酒・ウイスキーを軸に紹介。一覧でリンク貼り付けてみました。

ストレートとロック

洋酒について

私はウイスキーやラムというものはロックで飲むものだと、

お酒に嵌る以前は思っていた。

「ストレート?生ぬるい酒飲んで美味しいの?」との偏見。

最初にストレートで40度ある酒を飲むと、味が全く分からなくて

「こんなん嘘でしょ」って思った、つい半年前までは。

 

・・・申し訳ありませんでした。

基本的に洋酒、ラム・ウイスキー・ブランデーはストレートが美味しいと今は思う。

まず、単純に匂いが違う。冷やしてしまうと匂いがあまり香ってこない。

そして冷たくなることによって舌の感度が変化して(多分)

あまり繊細な部分を感じなくなってしまう。特に甘み。

是非ロックとストレートで同じ酒を飲み比べてみてほしい。

ただ、最初からストレートで飲めてしまう人は余りいないと思う。

ロックで美味しく飲める物を飲んで度数に慣れてから・・・の方が楽しめます。

 

個人的にはロックに合う物もあれば、絶望的にかみ合わない物も存在する。

ストレートが美味しいと思っても、気分でロックが飲みたいと思う事もあるし、

特に今は夏真っ盛りで、ロックでひんやりしたい気分もある。

ロックだと、熟成が若い酒特有のアルコールのきつさも緩和してくれる

という利点もある。

だからこそ熟成が長くなるにつれてロックが合わなくなるのもあったり・・・

 

私的にロックで美味しいのはラムの濃い系統、安いのだと

パンペロ・キャプテンモルガンPSなどのはっきりと甘いスペイン系ラム。

以前紹介したパッサーズの若いラムとまだ紹介していないが、

アップルトン12年というイギリス系ラムなんかは美味しく飲める。

強い甘さは消えないし、アルコール感も消えるし、焦がした樽の雰囲気も楽しめる。

逆にフランス系ラムはあまりロックはお勧めできない。

利点の匂い、ジューシーさが消えてしまって、スパイシー感や酸味しか残らない

(個人的感想)

 

後は繊細なスコッチのシングルモルトとかは合わないような気がする。

逆にパワフルな味が魅力のアメリカンウイスキー(俗にいうバーボン)は

美味しく飲める物が多い。

カナディアンとかアイリッシュだとかストレートで飲みやすいウイスキーは、

ロックだとあまり合わないかも。

 

やはりストレートで飲むというのは飲んでこなかった人にとっては私もそうだったし、

抵抗があると思うので、偏見を崩したいと思う。

 

 

・・・でもロックの方が美味しいという人もいるし個人の趣向によるんですよね。

お酒好きでもアルコール感がちょっと・・っていう人はロックだと思うし、

それは人によると思います。

ただ、飲まず嫌いをやめて、常温で飲んでみると世界観が変わるかも?

と、私の経験を踏まえて試していただければなと・・・という防衛線。