読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き残し場

広く浅くを書き流すブログ。知識薄目。好みは洋酒全般にBlack全般・Rock。音楽紹介に行き詰まり、手に入れやすい入門向けラム酒・ウイスキーを軸に紹介・・・のはずが日本酒にも手を出し始める。一覧でリンク貼り付けてみました。

J.バリー アンブレ

遂に引いてしまいました。外れを。

ラム業界では知る人ぞ知る?らしいJ.バリー

ラム愛好家の方々にはフランス系、特にマルティニーク島産ラムの

人気が高いらしく、私も色々飲ませていただいていて、

サトウキビ本来のジューシーな甘みがとても美味しいラムである。

が、イギリス、スペイン系と比べて若干値が張る気がする。

他の二つは10年位だと銘柄によって違う事はあるにしても、大体3~4千で買える。

ただフランス系は5~6千が相場ではないかと思う。

アグリコール等の製法や手間など色々な要因があるのだろうが、そこは割愛する。

 

そこで今回購入したのがJ.バリー アンブレという商品。

税込み2500円弱で購入。

大手輸入元サイトによると

www.jisys.co.jp

 

「このアンブレは、26,000リットルの大樽で18~24ヶ月間熟成された商品です。バニラやイチジク、ナツメヤシ、サトウキビ、そしてタバコの葉のようなニュアンスが感じられます。ストレートで味わうほかに、カクテル「ティ・ポンシュ」のベースとしても最適。」

 

なんとも抽象的な表現であろうか。全く予想がつかない。

私が若干危惧していたのは「18~24ヶ月」という短い熟成期間だったのだが、

その不安が的中してしまった。

 

香りはアルコール臭はしないが、酢やビールの酸味のような匂い。

鼻を近づけるとようやく刺激臭と共にあまい香りが若干する。

口に入れると甘みがすると同時にブドウの皮のような渋みと、

タバコのような苦みがきて、アルコールの辛味と苦みの余韻。

 

・・・単純に美味しくない。私の味覚には合わなかった。

それ以外の感想が見当たらない。基本的にエグみが強い。

私がラム酒に求める甘み・円やかさの要素がなかったというのが一番。

もしかしたらタバコを嗜む方にとっては、このエグみが心地よいのかもしれない。

 

 

ちなみに私が事前に飲んでいたJ.バリーは1998ミレジムという、

 

こちらはとても美味しくいただいた。数ヶ月前で若干記憶が曖昧なのだが、

スペイン系、イギリス系とはまた違うさとうきびがダイレクトに来るようで、

洗練された甘みが楽しめる。若干ドライだけど、エグみは無い。

そもそもこのラムが美味しかったので、アンブレを購入したわけで・・・

 

 

やはりまろやかで美味しいものが飲みたいです。