読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き残し場

広く浅くを書き流すブログ。知識薄目。好みは洋酒全般にBlack全般・Rock。音楽紹介に行き詰まり、手に入れやすい入門向けラム酒・ウイスキーを軸に紹介・・・のはずが日本酒にも手を出し始める。一覧でリンク貼り付けてみました。

エヴァンウィリアムス12年

紹介一発目のバーボンはこちら。

お店で飲んでコスパに惚れ最初に買いました。

酒屋で2000円弱で購入。

このエヴァンウィリアムスは甘みが強く飲みやすい。

それに焦げ感もしっかりとあるので飲みごたえも抜群。

尚且つバーボン感=エステリー、セメダイン臭がそこそこにある。

その上度数が50.5度とバランスよく色んな所を備えております。

 

香りは焦げとアルコール臭と甘みが合わさった感じ。

口にすると熟しているようなパンチのある甘みが広がった後、

焦げ感とセメダインのような味が広がる。

そこまで酒質は重くない。若干さらさらしてるような気が。

アルコール感もそれなりにあるが、甘みが飲みにくさをうまく消している。

後味はバニラのような濃厚な甘み。

 

このバーボン2000円弱で買えるんですよね。

スコッチより暖かい地域で熟成されるバーボンは熟成が早いと言われ、

2年でバーボンと呼ばれるものになります。

その12年が2000円弱なんです。お得な感じがします。

 

ただ、正直このバーボンはとても飲みやすいんですが、

バーボン入門には若干パンチが強く、あまりお勧めできません。

ジムビームなど、もう少し安いバーボンを飲んだ後にこのバーボンを飲むと、

違いが良く分かってこのバーボンの本当の良さが確認できるのではないかと。

味の濃さに驚くことでしょう。

私は逆の順番で飲んでしまったので、凄く味気なく感じてしまいました。

 

好み度 ★★★☆

 

甘さ ★★★★

酸味 ★★★

焦げ感 ★★★

アルコール感 ★★★☆

まろやかさ ★★☆

 

備考・・・セメダイン感少々強め